top of page
  • 大山 慎介

OEDC35国で初めて経験する、人口減少、少子高齢化から発する諸課題に、当協議会は、地道に一歩ずつ取り組みます。

 過疎地域の疲弊と人口減の対策という趣旨の「過疎法」、成立から10年毎に

延長され40年以上が経ちました。国の施策としても、ふるさと創生、多極分散化など、

数多の施策が繰り返され、最近では、地方創生という名前です。

 この間、緊急経済対策などの度重なる国の景気対策を除いても、膨大な公金で

過疎地域、田舎の振興策が繰り広げられてきました。

 そして、先般、発表になった2045年までの人口推計。

 人口減少そのものより、「減り方」が問題だと私は考えています。


 もはや、東京圏への一極集中は、止まらないのでしょうか?

 北海道では、他府県に見られない、札幌一極集中という大きな課題を抱えていますが、

本格的な対応策はこれからです。

 その中で、農業は、水産業は、その担い手は?そして、森林を守るのはだれか、

低い出生率、介護人材不足等々、論点は尽きません。無数の有識者の意見や、

各行政機関の施策が展開され、そして今という現実があります。

言えるのは、一発回答という解決策は困難であり、10年、20年後を見据えて、

せめて子供の代、出来れば孫の代に「責任を持った」取り組みが必要だということ

でしょうか。


 当協議会は、北海道だけが元気になるという視点に立っていません。

「大都市住民」と「田舎」が共創してこそ、お互いに嬉しい道筋が拓けると考えます。

そのために、様々な地域、環境、生活スタイル、年代の方々のお声を伺い、

小さな一歩ですが、少しずつ着実に進めて行きたいと思います。

国や都道府県からの運営費補助がゼロの当協議会ならではの、皆様のお声を

真摯に受け止め、フレキシブルに動くという当協議会の特徴を活かして進めます。


 皆様のご理解を賜り、個人会員へのご登録を、ご友人に進めて戴ければ望外の

喜びです。

そして、6月中旬以降から、当協議会としてのH30年度の新たな動きを始めます。

講演、ミニ懇談会など、皆さまから直接ご意見を賜る機会を楽しみかつ励みに、

微力ながら頑張りたいと存じます。

 ご意見、ご感想、ご叱責など、心よりお待ちしております。


bottom of page